供給材について

センター供給材についてセンター供給材について

当センターは、福井県の森林から生産された素材を利用した住宅部材を製作し、工務店や施主に対し供給いたします。

県産材ができるまで県産材ができるまで

step1素材伐採
step1素材伐採

県内森林で伐採した木であることが、伐採届等により明確になるよう努めます。また、優良大径材などは含水率を低くし、材色を良くするために伐採後、葉枯らし(一定期間森林内に置くこと)を推進します。

step2木材市場
step2木材市場

会員である福井県木材流通センター(素材市場)では、合法木材、県産材の確認が取れた材に刻印で表示し、他県産材等と分別しています。

step3製材
step3製材

製材する丸太の皮を取り除き、木の癖を見極めます。木によってねじれなどがある場合には、調整しなければいけません。無駄が出ないように採寸し、必要な大きさにしていきます。

step4乾燥材
step4乾燥材

木材は含水率の増減により膨張・収縮します。生材のまま木材を使用すると割れ、狂い、反りを生じるので、乾燥させることで製品の品質を保ちます。

step5人工乾燥
step5人工乾燥

乾燥施設を利用して製材された木材を比較的短期間で乾燥します。また、乾燥機により乾燥することから含水率の調整が可能です。

step6天然乾燥
step6天然乾燥

製材後に桟積みして外気により自然乾燥します。乾燥には長期を要しますが、風合いの良い製品に仕上がります。

センター供給材についてセンター供給材について

杉
杉

杉とは、日本特産の代表的な樹種で、本州北部から南は屋久島まで生育しています。県産材の中でも、最も多いのが杉です。
比較的狂いが少ない材質で、家づくりに適した粘りや堅さを持っています。
木目は鮮明で通直、古木には高級日本建築の装飾に用いられるものもあります。

松
松

ヤニの多い松は、木材に粘りがあり圧縮力に対して強度が大きいといわれています。昔から内装用の床材や梁などの横物使いとして利用されることが多いです。

ページトップへ