県産材の魅力

県産材のメリット県産材のメリット

福井の気候風土に適応し、長持ちします

県産材は、伐採され柱などになってからでも、生まれ育った気候風土に最もよく適応し、長持ちすると言われています。そのため、福井のような湿度の高い風土でも、優れた木造住宅を建てることが出来るのです。

県産材で快適な住み心地

健康に良い素材

自然素材である木材は、人体に有害な物質を含んでいないため、最近よく言われる「シックハウス症候群」の恐れはありません。それに、目に有害な紫外線を吸収し、樹木独特な香りでカビの繁殖を抑えてくれます。

衝撃をやわらげる

木材は、コンクリートやプラスチック、大理石などと比べると、やわらかい素材です。
そのため、転んだときの衝撃を優しく受け止めてくれるので、小さな子供やお年寄りの大きなケガをやわらげることが出来ます。
しかし、やわらかい素材であっても、強度の面では全く問題はありません。

調湿機能

木材は、湿度が高くなると湿気を吸って、湿度が低くなると湿気を吐き出してくれる特性を持っているため、木造住宅では室内湿度の変動が少なくなります。
このため、冬場の乾燥時期に発生するインフルエンザ等にも効果があると言われています。
また、カーペットなどの床に比べ、木材の床はダニなどの隠れる場所が少なく、湿度が高くなりにくいことから、ハウスダストによる喘息やアレルギー性皮膚炎になりにくくなります。

県産材で快適な住み心地

木は、光合成により二酸化炭素を炭素として体内に蓄えます。このため、木材を住宅などに利用することは、炭素を長期間貯蔵することになり、地球温暖化防止に役立ちます。
そのうえ、木材の製造・運搬等に必要なエネルギーは他の材料に比べて少なく、廃棄物も紙などにリサイクルが可能です。
木材は、石油などの化石燃料と異なり、「伐ったら植える」を繰り返せば、循環利用ができるという利点もあるのです。
福井県の山には、先人が長年かけて手入れしてきた良質な杉がたくさんあります。
県産材を利用することは、地域産業の活性化、健全な森林整備、水源のかん養や土砂の流出防止、地球温暖化防止に役立っているのです。

ページトップへ