会員について

会員情報一覧はコチラ

こだわりこだわり

杉を利用することによる環境の変化

福井県の森を美しく、元気にしたい。
日本は「木の文化」と言われ、昔から生活の中に木が取り入れられ、森から木を伐り、木を上手に使っていました。
また、日本人は自然に対し強い畏敬の念を持っていました。
その結果、日本の森はとても豊かであったのです。
人は森と見事に共生してきたと言えます。
しかし現在では、エネルギーや資材が石油製品に変わったものが多くなったことや、外国から安い価格の木材が輸入されるようになったことから、だんだんと日本の木は使われなくなりました。
このため、先人が守り育ててきた森は利用されないどころか、手入れもされなくなってしまい、木がやせ細ったり、下草や下木がなくなったりして、生態系が崩れたり、自然災害が発生したりと、人にも自然にも悪い影響が多く見られるようになってしまいました。
このような森を再び豊かにするためには、昔のように森から木を伐り、その木を使うという、「森を活用する」以外に方法はないと考えています。
そこで、私たちは、私たちのふるさとである福井県の森を美しく、元気にするために、積極的に県産材を使う「地産地消」の活動を展開しています。
県産材を一般消費者をはじめ、地域の大工・工務店、設計者の方に広く推進し、また山林保有者のご賛同を得ながら、県産材の利用拡大運動を行っていくことを目的としています。

ページトップへ